窓ガラスについて知る

家の中でたくさんあるパーツといえば、窓ガラスでしょう。しかし窓の掃除を怠ってしまったり、ひびが入ったままにしている人は多いかもしれません。そこで、ガラスを綺麗にするメリットと、ガラス修理について知っておくといいでしょう。

[PR]

木製サッシを多数販売☆
家の雰囲気を変えよう

窓ガラスの重要性

レディ

ガラスもメンテナンスが大事

ガラスを長く綺麗につかうためにも、掃除を心がけたいですね。掃除するとガラスが綺麗になるだけでなく、他にもメリットがあります。ガラスは汚れていると採光性が低くなってしまいます。そうすると室内が暗く、電気代が余分にかかってしまいます。また、ひび割れなどの劣化を発見できるだけでなく、空き巣防止にもなります。窓ガラスが綺麗だと細かいところまで確認している印象を与えられるので泥棒が避けやすいのです。

ガラス修理には保険適用になる場合もある

ガラスが割れる原因はさまざまですが、どうやって割れたのかによって適用される保険が変わります。例えば家庭総合保険なら、ボールが当たってしまったなど、日常の小さなリスクまで保証されます。また、火災保険は火災だけでなく、「風災保障」というものがあります、これは強風によって飛来物がぶつかって割れてしまったときに保証金が支払われます。保険会社によってもガラス修理が保証されるかは異なるので、申請する前に確認しましょう。

内窓を付けるメリット

断熱と省エネ効果がある

窓を2重にすることで隙間風や結露を防ぐことができます。冬場は窓から熱が外に逃げやすいのですが、約37パーセントも逃げているのです。逆に夏では日差しから入る熱が約53%とかなり高いですね。また、熱を逃がしにくくするということは、エアコンの効き目にも効果があります。節電対策には内窓はもってこいの方法ですね。

防音効果がある

騒音や音漏れはどうしても気になるものです。人は大体60dB以上の音を煩いと感じます。60㏈といえば、デパートの中にいるような感じです。日中は気にならなくても、夜になると気になりますよね。うるさくて眠れないと仕事や学校でも影響を及ぼします。窓を2重にすることで、音をおさえることができるので、近隣がうるさくて困っている人にはおすすめです。

防犯対策にもなる

泥棒は侵入するなら、侵入が難しい家よりも簡単に侵入できる家を選ぶでしょう。しかし窓を2重にすると、見た目にも侵入が大変そうだと判断できるので泥棒に対しての威嚇ができます。実際に窓を破壊して侵入しようとしても、手間がかかるので諦めやすくなるでしょう。泥棒の7割が窓から侵入していることがわかっているので、まずは窓の防犯を強化するといいですね。

[PR]

広告募集中