ガラスが割れてしまったら?ガラス修理の予備知識

ガラスが割れてしまったら?ガラス修理の予備知識

ガラス

ガラスが割れたときの対応と応急処置

ガラスが割れてしまっても、すぐに交換できない場合は応急処置をするといいですね。今はガラスに貼って飛散防止できるものがあります。また、コーキング材を使って修理する方法もありますが、使用部分が目立つので早めに交換するといいでしょう。もし車のフロントガラスが割れてしまったら、専用のリペアキットが販売されているので使用してもいいでしょう。しかし、自分で行うと修理跡が残って見栄えが悪くなったり、ガラスを割ってしまうこともあります。無理せず業者に依頼するといいでしょう。

被害が広がる前に対処する

いくら自分でヒビや欠けを直せたとしても、そこからヒビが広がるのは防げません。また、自分でやろうにもスペースが足りなかったり、解体したものが戻せなくなることもあります。だからと言って、何もせず放置しておくと破片や尖ったところでケガをしたり、最悪そこから泥棒に侵入されかねません。専門の業者に依頼すれば安全、確実に直してくれますし、仕上がりももちろんきれいになります。電話1本、ネットからでも依頼できるので安心ですね。

ガラスがわれてしまう原因

ガラスが割れるのには物をぶつけてしまったり、大きい力がかかったときだけではありません。経年劣化や温度差でも割れてしまう可能性があります。長年使用していると、きづかなくとも傷やヒビが増えていきます。そのため、ちょっとした衝撃でも割れやすくなっているのです。また、ガラス飛散を防止する網入りのガラスは注意が必要です。陽を浴びて高温になった後、夕方になり温度が下がると、それによってワイヤーが急激に縮みガラスが割れる可能性があります。

ガラス修理の手順

問い合わせ

業者にもよりますが、24時間年中無休で対応しているところもあるので、夜中に窓が割れてしまっても大丈夫です。もちろん、修理を検討している段階でも相談して問題ありません。

寸法・見積もり

まずは修理箇所の寸法を測ります。このときに測る寸法は、木枠やアルミサッシを除いたものです。オプションなどを選ぶのであれば説明を受け、全ての見積もりを出してもらいます。

作業日を確定する

いますぐに修理してもらうなら別ですが、別日にお願いするのであれば業者と相談しましょう。「用事を済ませたいから〇時以降がいい」という相談にも乗ってくれるはずです。

ガラス修理

作業日には専門の知識を持ったスタッフが修理を行います。技術のいる作業は、劣化具合や仕上がり具合に差が出るので、仕上がりに問題が無いか、一緒に確認すると後々のトラブルもなくていいですね。

広告募集中